いきさつ


私が一人暮らしをしていることは、
他の話を読んでいればわかると思います。

しかし、
私は自立してからまだ半年程しか経っていなく、
一人暮らし半人前です。

前職を辞めていたので、
当初は半年後なんて全く想像もしていませんでした。

引越してからいろいろありましたが、
過ぎてみればいつの間にか半年経っていたという感じです。
いつの間にか、ではあっても、あっという間ではありません。


少し話は変わりますが、
現在私はリサイクルショップでアルバイトをしています。
しっかり週5で出ています。

とはいえ、
実のところ週5では稼ぎが足りません。
ジリ貧というやつです。

このままではすぐに立ち行かなくなります。

そこで、
副収入を得るために四苦八苦しているわけです。

自分の時間を増やすためには、
労働時間を減らす必要があります。

なのでまずは
週5から週4にすることを目標にしています。

増えた時間でさらに研鑽し、
週3まで減らし、ゆくゆくは辞める予定です。

そうして、
余りに余った時間を好きなことに費やすのが目的です。

どれだけ時間を使っても
いくらでも残っている安心感の中で、
安らかに生活をしていきたいのです。

最初に働きはじめてから、
切に願うようになりました。

常に時間に追われているような感覚に迫られ、
なにかしなきゃと焦燥感に駆られ続け、
結局なにもできずじまいで生きてきました。

私に必要なのは、永久的な安心だと気づきました。
安心は、心の安寧です。
心が脅かされる心配がない状態です。

永久は、文字通り永遠です。
私は今まで、学業や仕事というものの存在に
強い負担を感じてきました。

平日5日間通い、土日休んでまた5日間の繰り返し…
それがどうしようもなく苦痛でした。

家に帰った後でも、
次の日のことを考えると作業に集中できなかったり、

2日間ある休日も、
次の5日間を案じてしまって
あまり自由に振舞えないことが多かったのでした。


こんなに生き辛くなったきっかけは前職にありますが、
その兆候は学生の頃からありました。

時間はあるけど金がない学生から、
金はあるけど時間がない社会人になったときに、
私がいかに
大事な時間を棒に振ってきていたのか、
それにようやく気づいたのでした。

金がないなどを言い訳にして
全くなにも積み重ねてこなかったことを激しく後悔しました。

金はあっても今度は時間がないことに気づき
今の生活では後悔は取り返せないと思い、
仕事を辞めて、ついでに家も出て現在に至ります。

アルバイトなので収入はかなり減りましたが、
前と比べると使える時間は増えました。

生活は大変ですが、
なんとか頑張ってこれからも
1年、2年と積み重ねながら生きていきたいです。

2018/7/1




Copyright © 2018 なんかいんふぉ All Rights Reserved.